SITE DESCRIPTIONサイトについて

PICKUP PRODUCTS ル・ルスティックの商品

ル・ルスティック ラクレットスライス Le Rustique Raclette Tranchette sans croûte

ル・ルスティック ラクレットスライス[400g]Le Rustique Raclette Tranchette Sans Croûte

ラクレットというチーズの名前はフランス語で削り取るという意味の”Racler(ラクレ)”が由来です。 大きい丸形のラクレットを専用のオーブンで溶かし、溶けた部分を削り取って野菜に添えて食べるのが伝統的な食べ方ですが、家庭でも気軽に楽しめるよう、 一般的にはスライスで販売されています。

ル・ルスティックが展開する食べやすい皮なしスライスタイプのラクレット。

皮なしタイプは熱を加えた時のにおいが皮ありタイプに比べて少ないのが特徴です。
ミルクは標高600メートル以上のオーヴェルニュ地方の山のミルクを使っています。

火にかけて溶かし、じゃがいもや野菜に添えてお召し上がりください。
豚肉との相性も抜群です。

簡単に準備でき、家族や友達の集まりに最適なラクレットはフランスでも年々需要が伸びています。

成分(100g中)
熱量:328 kcal / 脂質 : 26g /たんぱく質 : 23g / 炭水化物 : 0.5g / 食塩相当量 : 1.7g

Recipe この商品のレシピ

ル・ルスティック ラクレット

#
材料
  • ル・ルスティック ラクレット

  • じゃがいも、パプリカ、ブロッコリー、トマト等お好みの野菜

  • ソーセージ各種

  • 黒こしょう

  • オリーブオイル

作り方

  1. じゃがいもは皮ごと、やわらかくなるまで蒸す。
  2. ブロッコリーは小房に分け、塩茹でする。
  3. パプリカは食べやすい大きさに切る。トマトはくし切りにする。
  4. 3とソーセージはオリーブオイルを熱したフライパンで焼く。
  5. 野菜とソーセージを器に盛り、お好みで粗く挽いた黒こしょうをかける。
  6. ラクレットをフライパンで焼いて溶かし、5にたっぷりとかけていただく。
蒸したじゃがいもをメインに、ソーセージと焼き野菜を盛り合わせて、アツアツのラクレットをたっぷりかければごちそうに!
シンプルながらもおもてなしにも喜ばれる贅沢な一皿になります。

ル・ルスティックラクレットとじゃがいものタルティーヌ

#
材料
  • ル・ルスティック ラクレット 2枚

  • フィセル(フランスパン) 1本(約70g)

  • マッシュポテト※ 120g

  •   じゃがいも 100g

  •   バター(食塩不使用) 15g

  •   ディジョンマスタード 5g

  •   塩、白こしょう 少々

  • サラミ 1~2枚

  • 黒こしょう 少々

  • (あれば)コルニッション(きゅうりのピクルス) 適量

作り方

  1. じゃがいもは皮をむいて一口大に切る。耐熱皿に入れてふんわりとラップをかけて電子レンジで5分程度加熱する。やわらかくなったらマッシャーかフォークで粗く潰し、バター、ディジョンマスタード、塩、白こしょうを合わせて味を調える。
  2. フィセルは縦から半分に切る。カット面と反対側の皮の部分を1㎝程度の厚さに切り、こちら側を底にして軽くトーストする。
  3. 2に1を半量ずつ塗り、半分に切ったル・ルスティック ラクレットをのせる。さらに刻んだサラミをのせてトースターでラクレットが溶けるまで焼く。2で切り落とした皮の部分も軽くトーストする。
  4. 仕上げに粗く挽いた黒こしょうをかけ、皮の部分をのせる。あればコルニッションを添える。
マッシュポテトをパンにたっぷりのせてから、ル・ルスティックラクレットとサラミをのせてトースト。
とろーりとろけたラクレットとじゃがいもとパンのおいしさが存分に楽しめるタルティーヌは、サラダを添えてランチにしたりビールや辛口の白ワインに合わせてアペリティフの一品としてもおすすめです。